「井伊の赤備え」で知られる井伊直政

徳川家の中で最も精強な部隊を作り上げた彼を育てた母親と言えば井伊直虎が思い浮かびますが、ではその産みの母親はどのような女性だったのでしょうか。


井伊直政の母親について解説すると共に、井伊家の最大の危機を救った新野親矩という武将についてもあわせて見ていきましょう。

スポンサードリンク

井伊直政の母親「ひよ」とはどんな人?


井伊直政の母親と言えば養母である井伊直虎の事を思い描きがちですが、それでは実の母親はどのような人だったのでしょうか。

直政の母親は奥山朝利(おくやまともよし)という武将の娘で、名前をひよと言いました。大河ドラマ「おんな城主直虎」では「しの」という名前で、女優の貫地谷しほりさんが演じる事になっています。

井伊直親がひよと結婚したのは、直親が信濃国へ逃亡していた時期だとされています。
直親の父親、井伊直満が今川義元への謀反の疑いをかけられ自害させられた事を機に、逃亡生活を余儀なくされたのですね。

その後、夫の直親は井伊家の家督を継ぎ、ひよも1561年に虎松(後の井伊直政)を出産するのですが、2年後に直親が今川氏真によって殺されてしまいます。このとき、跡継ぎとなる虎丸はわずか2歳だったため、中継ぎとして直虎が井伊家当主の座に就くことになりました。

※参照:井伊直親(亀之丞)とは?父の直満や井伊直虎との本当の関係!

井伊直政母子を保護した新野親矩とは?


その後、ひよや虎丸、井伊直虎は、今川家家臣の新野親矩(にいのちかのり)のもとで保護されています。この新野親矩という武将は、娘を井伊直虎の父、直盛に嫁がせているので、井伊家の親戚に当たる武将という事になります。大河ドラマ「おんな城主直虎」では新野左馬助という名前で、俳優の苅谷俊介さんが演じる事になってますね。

また、新野親矩は今川家に誠心誠意使えた武将として知られています。1563年に遠江の曳馬城主である飯尾連竜が今川家に謀反を起こすと、新野親矩は今川側として戦うものの戦死しています。その一方で、新野親矩がひよ達を保護しなければ井伊家はこの時に滅亡していたと言われ、彼の行動は「1000年にも及ぶ井伊家の歴史の最大の危機を救った」と評価されています。

新野親矩には息子がいなかったため、新野家は親矩の代で断絶しています。
ただ彼には娘が1人いて、後に井伊家の筆頭家老となる木俣守安の娘に嫁いだ他、その子孫が幕末に新野家の名籍を復活させています。井伊家も自家のピンチを救ってくれた親矩の恩義を忘れていなかったという事でしょうか。

スポンサードリンク

母として息子、直政の家康の仕官に貢献する


話題を井伊直政の母、ひよに戻しましょう。

新野親矩の戦死後、ひよや虎丸の動向ははっきりしていません。
ただ、当時の虎丸は今川家からたびたび命を狙われているので、ひよも母親として何かしらの危機にあった事は想像できますね。

1574年になると、虎丸を徳川家康に仕えさせるため、ひよは松下清景という武将に再度嫁ぎ、直政を清景の養子という事にしています。そのかいもあり、翌年に虎丸は家康の小姓として取り立てられ、7年後に元服して井伊直政と名乗ります。

同時に直政は家康の旗本、そして旧武田家の家臣団を与えられました。
こうした息子の出世に、ひよは涙を流したと言われています。

スポンサードリンク

この記事のまとめ


井伊直政の母親、ひよについてご紹介しました。

その後のひよの生涯については分かってはいないのですが、直政はその後も次々と活躍、出世を続けます。夫の早死など苦労が絶えなかったひよですが、最終的には自分の働きが報われてホッとした事でしょうね。


なお、以下の記事では直政が井伊直虎の養子になった経緯についてより詳しく解説しているので、興味があればご覧になってみて下さいね。

※参照:井伊直虎が井伊直政を養子に迎えた理由は?