貼り付けた画像_2016_07_08_20_32

今川家は当時の有力な戦国大名でしたが、桶狭間の戦いの敗北を機に崩壊へ向かっていきます。


主君が安定しない状況で、家臣は裏切るか忠義を尽くすか決断を迫られましたが、掛川城の城主である朝比奈泰朝は最後まで今川氏に忠義を貫きました。


朝比奈泰朝とはどのような武将だったのでしょうか。
その活躍を追うと共に、泰朝の子孫の有無についてもご紹介します。
スポンサードリンク

今川家に生涯をささげた朝比奈泰朝の生涯とは?


朝比奈泰朝を一言で説明すると、今川家を最後まで支えてくれた武将という言葉が適切と言えるでしょう。朝比奈氏は代々今川家の家臣であり、彼の父である朝比奈泰能は今川氏輝、そしてその跡を継いだ義元の側近でした。泰朝は父の死後に家督を継ぎ、備中守を名乗り、今川家の中心人物として活躍しました。

今川義元の死後、領内では動揺が走り、今川家を去る武将もいましたが、朝比奈泰朝は義元の後を継いだ今川氏真を支え続けました。1562年には井伊直政の父、井伊直親を謀反の疑いによって殺害しています。ちなみに今川家は井伊家を警戒していたようで、直親の叔父にあたる井伊直満も義元の代に殺されています。

泰朝の懸命な努力にも関わらず、今川家の衰退は止まりませんでした。そんな中、武田信玄が駿河国へ、徳川家康が遠江国へと、今川氏の領土は攻め込まれる状況が続きます。今川家の家臣の多くは、徳川と武田のいずれかへ寝返るものの、泰朝は居城の掛川城に迎えて保護しています。

※参照:井伊直親(亀之丞)とは?父の直満や井伊直虎との本当の関係!

朝比奈泰朝が城主を務めていた掛川城について


この掛川城ですが、泰朝の祖父である朝比奈泰煕が、今川義元の祖父にあたる今川義忠の時代に築いた城です。それ以来、掛川城は朝比奈氏が城主を務めており、朝比奈泰朝もその職務を受け継ぎました。

駿河を武田信玄から攻め込まれた今川氏真は、遠江国にある掛川城へと避難しています。
その後、掛川城は家康に包囲され、朝比奈泰朝は城を守り続けましたが、その落城はどうしても時間の問題でした。

1569年、泰朝は氏真の身の安全を条件にして掛川城を開城します。
代々朝比奈一族が守り続けた大切な掛川城ですが、主君の命が助かるのであれば、手放すのには躊躇はしなかったのかもしれませんね。
朝比奈泰朝の今川氏という主君への忠義が絶対的なものであったことを再度感じます。

その後の掛川城ですが、徳川家康の重臣である石川家成の一族が城代を務めます。
家康の関東移封後は山内一豊が、関ヶ原の戦い後は譜代大名の太田氏が入城するも、1854年の地震で天守閣が倒壊するといった出来事にも見舞われました。現在は日本最初の木造の天守が再現されています。

スポンサードリンク

朝比奈泰朝の子孫はいるの?朝比奈氏はその後どうなった?


掛川城を手放した後、朝比奈泰朝は今川氏真とともに北条家の庇護の下に入りました。
また、上杉謙信の家臣へ援助を求めるなど氏真への忠義は続きましたが、氏真が家康を頼りに行く際はなぜか同行しませんでした。

その後の泰朝の動向は、家康の家臣酒井忠次に仕えていたという説もありますが、あきらかとなっていません。また、泰朝の子孫については、息子に朝比奈泰基がおりますが、こちらも酒井家に仕えたという説がある一方で、明確な事は分かっていないようです。

その一方で、泰朝とは別系統の朝比奈氏が幕臣となっています。

これは武田家に仕えた朝比奈信置という武将の系統で、1548年の小豆坂の戦いで先陣を務めるなど活躍しています。1580年には持船城の城代になりましたが、織田徳川同盟が武田を攻め込むと、敗れてしまい自害させられます。ただ、3男の宗利の系統が幕臣として残った他、これ以外の朝比奈氏の別家も幕臣や徳川御三家の家臣として、その血筋を残しているようですね。

スポンサードリンク

この記事のまとめ


朝比奈泰朝とは、1571年に今川氏真が家康の元へ出向くまで、主君に尽くした忠臣として知られる武将です。掛川城を居城とし、主君のために最後まで戦い続けました。

他の家臣が、生き延びるために今川氏から離れていく中で、滅亡まで仕え続け、氏真のことを第一に考え続けた朝比奈泰朝はまるで忍者のような存在であったように感じます。